安全性を確かめよう 日焼け止めクリームはどれも同じ?


大事な皮膚を守るため、日焼け止めクリーム(サンスクリーン剤)は必須です。

この時期では化粧品店だけでなくドラッグストア、コンビニ、あらゆる場所で化粧品メーカーから数えきれない程日焼け止めクリームが店頭に出回ります。

紫外線は、見た目の老化に影響し、皮膚がんのリスクにつながることは広く知られており、心配になる方も多いのでしょう。


さて、数ある日焼け止めクリームの中、あなたは何を基準にしてクリームを選びますか??

値段、SPF値、使用感、デザイン、内容量など色々あると思います。


そこで一つ忘れてはならないのが品質、そして安全性です!!


サンスクリーン剤に入っている日焼け防止剤には大まかにいくと「紫外線吸収剤」タイプと「紫外線散乱剤」タイプがあります。

日焼けを防止する目的は同じでも肌への影響には違いがあります。

その中で肌に悪影響を及ぼす可能性の高いタイプは「紫外線吸収剤」です。


紫外線吸収剤の中にはフェノール系化合物、フェノールに類似するベンゼン系化合物があり、これらはタール色素などと同様に発がん性の毒性があります。添加量の使用制限があるものの、やはりそれだけ強い毒性のあることは確かなので、皮膚細胞を傷つけてしまい、シミやシワになる可能性は大きくなります。


安全性が高い「紫外線散乱剤」


紫外線散乱剤は主に粉体(パウダー)で肌の表面で受けた紫外線を物理的に乱反射し散乱させる仕組みのものです。

紫外線吸収剤のように表示指定成分のリストに入っていたものではないので安全です。


SPFやPA値が高いものは要注意!


SPFやPA値が高ければ高いほど、吸収剤や散乱剤を多く含みますので、肌に負担をかけてしまう可能性があります。日本は今のところSPF値の制限がないので、吸収剤と散乱剤の両方、特に吸収剤を多く配合する場合が少なくありません。


日常生活においてはSPF30程度、もしかそれ以下で十分。それ以上にしても効果に差は見られず、かえって肌への負担を大きくしてしまいます。




閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示